So-net無料ブログ作成
-| 2011年04月 |2011年05月 ブログトップ

朝7時30分に確認するだけ!完全無裁量FXシステムトレードツール 『TimeManagement FX』 特典付き [TimeManagement FX]

朝7時30分に確認するだけ!完全無裁量FXシステムトレードツール 『TimeManagement FX』

朝7時30分に確認するだけ!完全無裁量FXシステムトレードツール 『TimeManagement FX』



当サイトより購入頂いた方に特典としてFXツールを差し上げます!!
TimeManagement FXの特典内容はこちら





特徴1 エントリーシグナルが発生する時間が固定今までにシグナル系のFX教材を使ったことがある方で、
次のような経験は御座いませんか?

「シグナルが就寝中や仕事中に発生する事があり、
シグナルとおりにトレード出来ないことがある」

優れたシステムでもシグナルの発生を逃すようなことがあれば意味が御座いません。

「24時間どのタイミングでシグナルが発生するのか分からないので、
常にチャートとにらめっこ、或いは常にトレードソフトを起動して
いなければならない」

いつシグナルが出るか分からない、という状態は
「常にシステムを監視しておかないといけない」
と言う事とほぼ同じです。

これは精神的にも良く御座いません。本業に支障が出たり、
寝不足になる原因にもなるでしょう。

また、完全自動売買システムという方法もありますが、これは24時間PCを
起動させつづける必要があり、それなりの取引環境とスペックが必須となります。

万が一サーバトラブル等があった場合は大きな損失に繋がるケースもあります。

TimeManagementFX は
「シグナルが発生する時間が決まっている」ため
そのような心配は御座いません。

具体的には朝7時30分、このタイミングにのみシステムを
確認するだけで大丈夫です。

日本時間を基準にしていますので、このようなシステムには付き物の
サマータイムを考慮する必要も御座いません。
※オールシーズン、7:30にチェックするのみです。

シグナルの確認を毎朝の作業の一つとして取り入れることで、
ストレス無く長期の運用が可能となっています。

このように、毎日のライフサイクルを阻害する事なく
自然に時間(Time)を管理(Management)出来ることが
TimeManagementFXの名前の由来となっています。




特徴2 エントリーおよびイグジットが明確 今までのFX教材でこのような悩みは御座いませんでしたか?

「エントリー方法が複雑で、結局裁量での取引になってしまい、
思うような結果が残せない」

「エントリー方法は明確だが、利食いや損切りのことが一切書かれていない」

「資金管理の重要性や理論については良く分かるが、
一体どこでどう取引すれば良いか分からない」



X-Day FX

FXレボリューション

SPEED STAR FX

最強システムトレード SWAT FX

毎朝たった5分でOK!!超シンプルFX投資術「インスタントFXシステム」【オーストラリアドル円版】

Golden ポンド FX NEO

2010年の運用実績 月平均3.5倍の自動売買ソフト(EA)「フォレキャストFX」

FXの自動売買で資産を3ヶ月で1.7倍にするコーチング



TimeManagementFXのエントリーおよびイグジットは
非常に明確であり、初心者の方でも迷うことが御座いません。

エントリー: シグナル発生時
        発生タイミングは朝7時30分

イグジット: エントリーと同時に設定するリミットとストップ
        リミット150ピップス ストップ100ピップス



システムトレードと謳っている裁量系のFX教材にありがちな、
複数の条件を考慮しないといけないような複雑なルールや、
相場状況に応じた例外パターン等は一切御座いません。




特徴3 現在の相場に追従するロジック 現在、出回っているFX教材の多くは、過去の成績が販売サイトで公開されおり
その成績は一見するととても優秀なように見えます。

勝率9X%以上!

一年で1XXXXピップス獲得!

しかし、その殆どのシステムが販売後は成績が振るわず、
ドローダウンを更新してしまいます。

そうなると、システムを信用する事ができなくなり、運用をつづけることが苦痛になり、
結果、使えなくなったシステムだけが残ってしまいます。

何故、そのようなことになるのか?

それは、システムが過去の一定の期間のみで好成績が
出るように過剰な調整を行っているためです。
(これを過剰なカーブフィッティングといいます)

あくまで過去の一定期間のみに合わせて作られたシステムなので
販売後の未来の相場には適応出来ないと言う事です。

では、どうすればよいのか?

TimeManagementFXでは、間近の相場のデータを元に、トレード判定の
条件を微調整し、未来の相場で通用する可能性を高くするロジックを用いています。

そのため、販売後であっても安定した成績を期待できます。

実際に、TimeManagementFXのトレードロジックの開発自体は
既に数ヶ月前に完了していますが、その後も安定した成績を残しています。

ここで注目していただきたいのが、
間近の相場のデータを元にトレードルール自体を再構築している、
と言う事では「無い」と言う事です。

トレードルール自体を毎回作り直すのであれば、毎回過剰なカーブフィッティングを行い、
見た目上の成績を良くする事は容易です。

しかし、それでは実際に運用を開始すると未来の相場に対応できず、
システムが破綻してしまいます。

そのような事態を防ぐため、TimeManagementFXでは
トレードルール自体は変更せずに、トレードルールで
トレード判定に用いる重みのデータのみの微調整を行う。
というロジックになっています。

この画期的なロジックを採用する事でTimeManagementFXは、

過剰なカーブフィッティングを行うことなく、かつ

刻々と変動する相場状況への対応が可能 

なシステムとなっています。



共通テーマ:

-|2011年04月 |2011年05月 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は180日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。